ワンランク上のホームページを作成するコーディングとは?

プロが作ったホームページかどうかは、そのサイトのHTMLソースを見れば、わかります。

ちなみに、HTMLソースはIE(インターネットエクスプローラー)なら、表示タブ→ソースで見ることができます。

あまり聞きなれないかもしれませんが、コーディングの基準としてW3Cというものがあります。

簡単に言うと、正しいコーディング方法の世界基準です。

ですから、ホームページを作成する時は、基本的にこの基準に沿ってコーディングをしなければならないのです。(実際にはプロでもきちんとしたコーディングができていない会社もたくさんあるようですが…)

しかし、W3Cに多少合致していなくれも、ブラウザは解釈して、きちんと表示してくれます。

「きちんと表示してくれるのなら、それでいいじゃないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、正しいコーディングをしなかった場合の弊害があります。

まず一番大きいのが、Googleなどの検索エンジンで不利になります。

つまり、検索順位を落とされてしまうのです。

他にも、ブラウザによってきちんと表示できなかったり、レイアウト崩れを起こす場合もあります。

ホームページ作成ソフトを使ったからといって、必ずしも正しいコーディングができるとは限りませんので、ホームページを作成したら、ぜひソースをチェックしてみてください。

簡単にソースをチェックできるサイトがありますので、ご紹介いたします。
Another HTML-lint gateway

【おすすめのサービス】
高品質なホームページ作成が激安!SEO対策済み!11ページ31,500円~

Ads by Sitemix